バイナリーオプションの勝率と分析

By: Frank Hebbert

バイナリーオプションは、勝つか負けるかの二択しかありません。かけた時点で勝つか負けるかの二つに絞られますから、少しだけ勝ったとか、いつもよりたくさん勝ったと言ったことがないのです。このシンプルさが人気を集めている理由の一つとも考えられますが、デメリットにもなり得ます。デメリットとして考えられることの一つが、損失の大きさです。

例えばFXの場合、損失が8%にまで拡大する前に損失を確定しようと思えば、そこにロスカットを入れておけば良いのですが、バイナリーオプションの場合にはそのようなことができません。バイナリーオプションの場合、損失が発生すれば前額を失うことになります。また、予想の当たる確率がやや高くなければなりません。

通常、投じた金額よりも多くの金額を得られる可能性は非常に低いです。システムによって異なりますが、多くの場合には期待値はマイナスになると言えるでしょう。ですから、何も考えずにランダムに取引をしていると、確率的には負けていくことになります。これが最も大きなデメリットだと言えるでしょう。このデメリットの代わりに、取引がシンプルになるというメリットがあります。

もう少し具体的に見てみると、ペイアウト率が1.8倍の取引で1000円かけたとすると、買った場合には1800円もらうことができて、負けた場合には何ももらうことができません。つまり、買ったときにはプラス800円で、負けたときにはマイナス1000円となります。もしも勝率が50%であった場合、1回の取引で期待できる損益はマイナス100円と計算されます。

つまり、何も分析せずに適当な取引ばかりをしていると、平均的には徐々に負けていくことになります。ですから、バイナリーオプションを行うときには、適切な予想をすることは必須だと言えるでしょう。多くの場合には勝率が50%を超えなければ平均的な利益を得ることはできませんから、その点によく注意しましょう。