安心して利用できる国内のバイナリーオプション

By: Kurtis Scaletta

FX業界で近年人気を集めているのが、バイナリーオプションです。どの業者も仕組みはほぼ同じで、数時間後の相場が現在よりも上がるか下がるかを当てる投資方法です。中には100円から投資できるものもあるので、手軽に参加できるのもメリットといえます。

バイナリーオプションは、FXのように長時間チャートの動向を眺めている必要がなく、忙しい時にはポジションだけとり、時間ができたときに確認すればよいので、投資に興味があったけどなかなか踏み出せなかったという人から支持を得ています。またFXとの大きな違いは、売買時期が事前に決まっているので、いつ売ればよいかわからないといったこともなく、上がるか下がるかだけを予想するだけなので、より手軽に取り組むことができます。

海外のバイナリーオプション業者の中には、詐欺まがいのところもあり、悪評が増えていますが、それに比べて国内のバイナリーオプション、特に外為オプションは、安心と信頼が売りとなって人気を集めています。

国内では短時間での取引が禁止されたので、取引可能時間が最短5分や10分だったものから2時間以上と定められました。また満期時間のレートが、レンジ外と呼ばれる業者の総取りを廃止されたので、レンジ外となったものは、業者が総取りをせずに、全額投資家に払い戻されるようになったので安心です。

手軽な投資方法といえる国内のバイナリーオプションですが、取引を行うには基礎知識は必要となります。取引のルールがシンプルで他の投資に比べてリスクが低いバイナリーオプションですが、継続的に効率のよい投資活動を行うには、メリットだけでなくデメリットも十分に理解しておく必要があります。

確率が50パーセントであるため、大損する可能性が低い分大きな利益を出すのも難しい投資方法で、シンプルでローリスクであることからゲーム感覚で取引を重ねてしまい、ギャンブル感覚で行ってしまい利益を出すのが難しくなる可能性もあります。そのため取引を始める際には、どれくらいの資金で、どれだけの損失までなら良しとするかなどのラインを決めておくとよいでしょう。

バイナリーオプションの勝率と分析

By: Frank Hebbert

バイナリーオプションは、勝つか負けるかの二択しかありません。かけた時点で勝つか負けるかの二つに絞られますから、少しだけ勝ったとか、いつもよりたくさん勝ったと言ったことがないのです。このシンプルさが人気を集めている理由の一つとも考えられますが、デメリットにもなり得ます。デメリットとして考えられることの一つが、損失の大きさです。

例えばFXの場合、損失が8%にまで拡大する前に損失を確定しようと思えば、そこにロスカットを入れておけば良いのですが、バイナリーオプションの場合にはそのようなことができません。バイナリーオプションの場合、損失が発生すれば前額を失うことになります。また、予想の当たる確率がやや高くなければなりません。

通常、投じた金額よりも多くの金額を得られる可能性は非常に低いです。システムによって異なりますが、多くの場合には期待値はマイナスになると言えるでしょう。ですから、何も考えずにランダムに取引をしていると、確率的には負けていくことになります。これが最も大きなデメリットだと言えるでしょう。このデメリットの代わりに、取引がシンプルになるというメリットがあります。

もう少し具体的に見てみると、ペイアウト率が1.8倍の取引で1000円かけたとすると、買った場合には1800円もらうことができて、負けた場合には何ももらうことができません。つまり、買ったときにはプラス800円で、負けたときにはマイナス1000円となります。もしも勝率が50%であった場合、1回の取引で期待できる損益はマイナス100円と計算されます。

つまり、何も分析せずに適当な取引ばかりをしていると、平均的には徐々に負けていくことになります。ですから、バイナリーオプションを行うときには、適切な予想をすることは必須だと言えるでしょう。多くの場合には勝率が50%を超えなければ平均的な利益を得ることはできませんから、その点によく注意しましょう。

バイナリーオプションのシンプルな仕組み

By: jarito

バイナリーオプションとは、次の値動きを予想する方法で、市場と連動したシンプルな仕組みで投資する事が出来ます。これまでの仕組みは、複雑で条件や制限が多く、必ずしも予想した通りに値動きしないケースが多い事が欠点です。しかし、バイナリーオプションは、長いスパンで市場を見張る必要がないので、次の地点で値が上がるか否かを判断するだけと簡単な仕組みです。

バイナリーオプションの対象は、主に海外通貨を扱うFXで、その対象商品は多い事が特徴です。ただ、どれだけ数が増えたとしても、バイナリーオプションの仕組みの利点は変わらないので、投資先を選べば後は値動きを予想するだけで済みます。バイナリーオプションはシンプルなので、仕組みの簡便さが逆に不安を生み出す事はありますが、提供する企業の多くは大手ですし、信頼を得ているサービスも取り扱いを始めています。

バイナリーオプションの利点は、仕組みが簡単なので学習時間が短く済む事、値動きの為に一日中市場を監視する必要がない事にあります。通常のFXは、長期的な値動きの動向に加えて、リスクを考えた慎重な決断を行う必要があります。一方のバイナリーオプションは、長期的な視野を持つかは投資する側の自由で、必ずしも長い目で一つの市場を見続ける必要がない事も特徴になります。

仕組みがシンプルなので、一切の値動きに関する情報を見なくても、その場の気分で次の価格の上下を判断出来る事が、極端ながらもバイナリーオプションらしい特徴といえます。シンプルさ故に、仕組みが誤解を招く事はありますが、初心者が最初に選ぶ方法であったり、市場を熟知した投資家にも適した方法になります。

つまり、人を選ばず誰でも楽しめる方法なので、投資家に平等で均等にチャンスがある事は最大の利点です。証拠金は必要とされず、完全に手元の資金だけで完結するので、気が付いたら資金を使い過ぎたという事はなく、追証の用意に奔走する心配はなくなります。

午前と同様に豪ドル円は19PIPSしかない。米ドル円は21PIPS。

By: liz west

8月3日。現在13時50分。約1時間30分滞在していた涼しいリビングの部屋を抜け出して冷房の切れた暑い自分の部屋に移動。これから気を引き締めて相場観察です。FXで資産を増やすことは、緊張感がないといけない。たるんでしまっては駄目です。暑い自分の部屋に来たとき、すぐに冷房をつけようかと考えたけどつけっぱなしは体調不良のもとだから、もう少し耐えることに決めました。東京時間午前の日経平均は100円超えの下げになりました。

午後の日経平均は東京株式市場オープンの寄り付き値を追い越すことが出来ていない状態です。調子が悪いですね。ニュースを見たら3日も続けて下げていると知りました。米ドル円が円安に動いた5月後半、思い出せば日経平均は連日の上昇でした。あれから時は流れ、6月になるとギリシャ問題や中国株の下落が目立つようになります。それによって調子のいい日経平均は徐々に調子を失い、今では調子が悪いのが日常になってきています。今は中国株が日経平均の鍵を握っています。

これはまた円買いが起こってクロス円は下げているだろうなと思ってみると、すべてのクロス円が前日比プラス圏にいて、何も起こっていない平和な相場でした。これはお盆が近いから商いが薄いということがありそう。大事な休暇が迫っているときは値動きが鈍るのです。毎年決まっていることなので、取引は控えるべきと思っています。午前中、豪ドル円の値幅を計算したら19PIPSでした。午後も値幅に変化なしです。さらに推移しているレートまであまり変化していません。

豪ドル円がこれくらいの値幅だから米ドル円はもっと少ないんだろうと思い確認してみたら、米ドル円は21PIPS。若干多いですね。全体で見ると、クロス円は値幅が少ないです。完全にお休みモードです。米10年債利回りの状況が入ってきて、ほぼ横ばいだそうです。ヨコヨコで変化がない東京時間です。豪ドル円は90.60辺りが上値が重い雰囲気。チャートを確認するとラインが重なっていました。現在は90.50。

ナンビンで大きく注入するなら当面の使わない資金でなければならない

By: Keith Cooper

FXの大切な取引する上での心掛けたいこととは何なのでしょうか。それは大きくわけ三個あり、これらはどんなにFXで利益がでたり経験を積んできてもけして忘れたくはないことです。

まず一つはお金をきちんと管理するということです。人のお金ではなく自分のお金で取引をしているわけではないから、管理をちゃんとしているという人は多いでしょうが、それでも時に感情的になって取引をしてしまうということもあります。そういうときに自分が線引きをして冷静になるということが、大人としての管理の責任です。

次に、損切りを早く判断をすることです。為替相場はこうしている間にもどんどん経過してしまいます。どうせ損なら大きな損より小さなもののほうがいいです。損切りはつい、あと少しで戻るはずという根拠のない自身のせいで伸ばしてしまうことが多いと思いますが、そこはスパッと判断をしなければなりません。

そして、ナンビンをあえて行わないということです。ナンビンは損が出ているのにあえて資金追加をして保有ポジションの平均価格を下げていくことです。一見損失額と引き離されなくていいかとも思いますが、損失のもとのエントリーを切らないかぎりいつまでたっても、平均価格は損が少なくはなっても損のままです。

FXでナンビンをして大きな金額を注入するというとは、当面の使わない資金でなければなりません。明日あさって必要な資金を投入していると、必要なときは決済をしなければなりません。例えそれは大きな損になっていたときでさえもです。

もともとFXは余裕資金をおすすめしていますが、この時制本当のところの余裕資金で投資している人もまた少ないのでしょう。数年後に資金を投入してやっとトントンになるくらいかもしれませんし、エントリーした分を出金または決済をできないというのはなかなかつらいことです。FXをするときにはナンビンをしないことと、損切りをすることを守れば大きな損を追うことは少なくはなります。またもう一つとしてはきちんとエントリーしたら逆方向に指値注文を入れることも結構効果的です。

景気が悪くなっているときでも安定運用できるのがFX

By: Images Money

日本の景気は踊り場状態という風が強まる中、やはりそうかと真剣に将来のお金を考える人は思うのではないでしょうか。景気がよくなると投資や貯蓄の話題が少なくなりますが、これから景気が再び冷え込むようならもう一度考え直してみるのもいいと思います。投資や貯蓄というと、投資だとFX、株式、国債などのラインナップがありますが、それではこれらは景気の冷え込みに強い投資なのでしょうか。

投資の成果は景気がよくなるほど儲けられるイメージもありますが、実際為替レートや株式を利用している投資では、景気がいいほど儲けやすくなります。しかし、景気がいいときはいいときですが景気が悪くなったときに、投資自体成果が上がりにくくなります。価格が安いときに購入して高くなったら売るという、基本的なあらゆる投資のロジカルです。

けれど景気が悪くなっていく頃だからこそ、将来を真剣に心配するからこそ、投資を始めたいという気持ちがつよくなります。でも投資を景気が悪くなっていくときにするのは逆効果、あるいはあまり成果が上がらないのでしょぅか。FXは、そういう景気が悪化途中であっても成果が上がりやすい理由があります。

一つFXは、価格が安いときに購入して高くなったら売るというやり方も当然ありますが、価格が高くなったら購入して安くなったら売却という方法もあります。全然両者とも違う方法ですが、エントリーの仕方を買いから売りにすることで、景気が悪いときでも安定した利益を確保しやすくなります。売りから始めるのはこういうふうな景気が悪くなっていく頃がちょうどよくて、このエントリーの仕方をできるのはFXならではの、景気如何にかかわらずリターンが得られる仕組みです。

FXはつまり景気に関係なく投資をできるので、自分の投資方法としてFXを入れておくのもいいかもしれません。将来のお金を考えるのならば投資のFXを利用すると、景気の底になるまでエントリーを売りからにして儲けられます。

8月の豪州政策金利発表。アベノミクスのときは今と違って楽な相場だった

By: Martin L

今日の豪ドル円は午前中から調子がいいです。発表された豪州の小売売上高の結果が良かったので堅調な動きになりました。午後も気を抜けない大事なイベントの豪州政策金利発表が控えていました。ドキドキしながら発表を聞くと、結果は金利据え置き。下落するかと思っていたら、急騰しました。50PIPS程爆上げする姿を見て、仕込んでいたら5日分のトレード目標が達成できた!と思いました。1日10PIPSを目標にしているので、50PIPSだと5日分です。

私は1日10PIPSという目標を掲げていますが現実は、上向いていない相場が多いおかげで1ヶ月のトレード頻度が3回あるかないかというところです。アベノミクスのときは1日に10PIPSなんて基本でしたし、トレード回数も多いときで1日5回はありました。それぐらいやりやすかったんです。それで負けることはありましたが、トータルでは勝てています。1日に5回もエントリーしたら負けてしまうよ!って今の相場を基本に考えると思いますが、あの頃はよかったんですよ。

相当強い円安だったのでロングしていれば大丈夫。1回買って利益確定させた後、押し目を作ったのを確認して2回目のエントリー。そして、また利益確定。ただ素直にチャートを見て繰り返していただけ。技術も何も必要なかった。FXってこんな単純なものなんだって思いました。2012年11月頃から3月の終わり頃まで手法のことで悩まなくて済んだから楽でした。大した力もないのにトレンドに素直についていくだけで勝たせてもらったから、毎日が夢みたいでした。

でも今の相場はデモトレードで真剣に練習しないと勝てないようになっています。チャートを見ても理解できないことが多く、ポジションを傾けるのが容易ではありません。だけど、今の相場こそが厳しいことを教えてくれるし、向上心を与えてくれる。今努力すればどんな相場にも耐えられる力が付くと思っています。待つこと、辛抱すること、諦めずに努力すること。今はこれが特にものを言う相場。

日経平均は4日続落。本日の下げは米国指標の悪化が原因

By: GotCredit

前日の日経平均は100円超えの下げになりました。だけど、クロス円は小動きのままで東京株式市場が終了しました。本日の日経平均は前日に引き続き下落してスタート。正確に言えば、4日間続落です。安く寄り付いた原因は、前日のニューヨーク時間に発表された米国の指標が良くなかったということ、原油の下落が関係しているそうです。またニューヨーク時間が日経平均の足を引っ張りました。先週の金曜日に発表された雇用コスト指数の結果が良くなかったんですよ。

雇用コスト指数は普段、あまり変動することのない指標のようですが、今回は別でした。非農業部門雇用者数が発表されたときのような大きな値動きになりました。金曜日だという事で、こんなに大きな変動があるのは大イベントしか考えられません。一瞬おかしいと思いました。日付は7月31日だと覚えていたけど、雇用統計は毎月の第1金曜日だよ!あれっ?何か自分が勘違いしているのではないかと思いました。ちゃんと指標カレンダーで確認したら雇用コスト指数の文字が。

非農業部門雇用者数の間違いではないかと思ったけど、しっかりと雇用コスト指数と書いてあります。ヒヤッとした瞬間でした。最近の米国の指標は良くない結果が増えてきている印象。利上げを期待して買った人たちは、本当に大丈夫なのだろうかと思い始めているはず。米ドル円が5月の後半に円安に進んだとき、真剣に買うことを検討したくらいです。迷っている間にどんどん値が進んで行って介入があるとされるレートに近づいていくのを見て、もう遅いから諦めよう!と結局買わなかったんですよ。

あれからしばらく待っていたらオバマ大統領と黒田日銀総裁のけん制発言で大きく下落しました。ここでチャンスと拾えばよかったのですが、これからすごいことが起こるんじゃないかと考えて躊躇いました。すると、次はギリシャ問題でさらに下げる。解決してからは米国の指標に良くない結果が見られ始める。結局結論としては、買わなくてよかったというところに行きつきました。

希望価格に降りてこなかったので豪ドル円のトレードが出来なかった

By: Anthony Easton

前日のニューヨーク時間にやろうと思った豪ドル円のトレードは、希望する価格まで降りてこなかったので中止になりました。91.60で買いたいと注文を入れたら、91.65や91.63タッチする場面がありました。91.63まで来ると、やっと買えるってにやけました。だけどタッチした後、下髭で反発して上に行ってしまいました。

それ以来1回も降りてこなくて、残念。22時を過ぎても引っかからないから諦めてお風呂に入りました。予定していた通りにならなくて、若干ストレスが溜まったかも。めちゃくちゃ期待したんだよね。例えるなら、あと1ページ頑張れば宿題は終わる!とか、あと5分待てば人気のスイーツが買える!という気持ちと似ている。だけど、期待通りにはならなかった。そんなときに味わう感情と似ている。お風呂の中で、相場で思い通りにならなかったことで、何かを思い通りにしてあげようと考えて、掃除をして水垢を落としてあげました。

綺麗に落ちてくれて思い通りです。掃除が応えてくれてスカッとしました。きのうは豪州の小売売上高と豪州政策金利発表で豪ドル円が優勢的に買われるいい日でした。数日前を振り返っても、方向感のない動きが基本で調子の良いときはありませんからチャンスの相場がやってきたと受け止めました。小売売上高のときは豪ドル円の強さを見極めるだけで買う気にはなりませんでした。豪州政策金利発表を聞いたとき、勢いよく上昇していく様子を見て、これはやってもいいんだと思いました。

だけど、動きだけを確認して欧州時間やニューヨーク時間にチャンスが来るだろうと出掛けてしまいました。今までの豪州政策金利発表のときを振り返ると、何度もチャンスはあるのに外出でトレードできていないことが多いです。別に意識して出掛けようとしているわけではないのに、この発表の時に外出になってしまう。そんな感じでトレード出来なかったので、いつまた出来るんだろう。今日はなんとなく出来なさそうな予感。